pills lying on leaves

クラビットの買い方

運悪くクラミジアになってしまったとき、必要なのは抗菌薬のクラビットですが、クリニックには行けないときもあるでしょう。そんなときは、この薬を扱っている通販サービスを利用しましょう。

drug

用法用量をチェック

薬をのむときに必ず知っておかなければならないのが用法用量のルール。クラミジアを治すためにクラビットをのむときも、必要な量を必要な日数のみつづけなければいけないのです。

orange pills

ジェネリックで治す

クラビットのジェネリック医薬品が販売されています。成分や効果はまったく同じで、そのうえ安く購入することができるので、あまりお金をかけずに治したいときに使うことをオススメします。

幅広く効く薬

white pills

クラミジアは現在、少なくとも国内では最も感染者が多い性病であると目されています。若い年代の人たちを中心に、かなり多くの感染者がいるとされています。病気自体は即生命に関わるようなものではありませんが、自覚症状がない場合が多いこともあって気づかないままうつしていた、うつされていたということが多い厄介なものなのです。しかも自覚症状がある場合は、男性なら尿道が、女性なら下腹部が、いわゆる「焼け火箸を刺し込まれたような痛み」に襲われることになります。クラミジアの原因になるクラミジア菌は、増殖して炎症を引き起こすのです。

しかしクラミジアは、簡単に治すことができる性病でもあります。症状が出れば我慢できないほどの痛みに襲われますが、適切な治療をすればすぐに痛みは引き、健康体に戻れます。性交もできるようになるし、将来は子供を作ることもできるようになります。
クラミジアの治療に使われているのは、クラビットとジスロマックいう抗菌薬です。抗菌薬は文字通り細菌に対する強い抗力を持つ薬です。細菌が増殖し、炎症を引き起こすのを防ぎます。クラビットはクラミジア菌だけでなくそれ以外の多くの細菌に対する抗力を持っているとされており、結核などにも効くということで、性病科だけでなく、内科など幅広い医科で利用されています。そのような、優れた抗菌薬なのです。
同様にジスロマックもクラミジアに対して効果を発揮し、1錠飲むだけで長い効果がある為、少ない服用で完治することができます。
しかも今、クラビットは性病科や内科のクリニックで処方されるだけでなく、自分で用意することもできます。クリニックへ行けないとき、自分でクラミジアを治すということができるのです。

参考サイト:クラビットの効果・副作用|薬ナビ

写真ギャラリー